金沢医科大学附属薬学専門部の足跡

金沢大学学生部「昭和二十五年度 学生便覧」から抜粋
明治三年二月 大手町に藩立の医学館が創立せられたが,兼六園内に理化学教室(卯辰山養生所の舎密局を移築)を設け教師和蘭国一等軍医「ぺーアー・スロイス」理化学の講義を為し,傍ら製薬を始める。爾後廃藩置県の際,一時中止し,明治七年再び之を興し,医学館附属の製薬所と為し,同八
明治十八年 一 月 金沢医学校に乙種薬学校を附設。
明治二十二年四月 第四高等中学校医学部に薬学科を附設して,九月其の授業を開始する。
大正十二年 三 月 勅令第九十三号を以て,官立医科大学官制を改正し,第一条中に金沢医科大学を加え,第十九条に於て金沢医科大学に附属医学専門部及び附属薬学専門部を置く。
四 月 附属薬学専門部教授西村真一郎を薬学専門部主事に補する。
大正十四年 三 月 金沢医科大学附属薬学専門部規則を制定。
昭和 三 年 十 月 附属薬学専門部を金沢医科大学構内に移転。
昭和 五 年十二月 附属薬学専門部雨天体操場兼生徒控所並に同渡廊下,竣工する。
昭和 六 年 七 月 附属薬学専門部主事附属薬学専門部教授西村真一郎依願附属薬学専門部主事を免じ,附属薬学専門部教授薬学博士浅野三千三を附属薬学専門部主事に補する。
昭和十三年十二月 附属薬学専門部主事同教授浅野三千三東京帝国大学教授に転任。
昭和十四年 四 月 附属薬学専門部教授薬学博士鵜飼貞二を附属薬学専門部主事に補する。
昭和十五年十一月 薬学専門部講義室(木造平家建二棟八六坪)増築竣工。
昭和十七年 三 月 薬学専門部特別講義室(木造平家四十坪)竣工。
昭和十九年 四 月 薬学専門部主事薬学博士鵜飼貞二を附属薬学専門部長に補する。
昭和二十四年五月 法律第百五十号,国立学校設置法により金沢大学に包括される。

当サイト内で使用されている資料画像及び引用文の無断転載を禁止します。
ご意見・ご感想はE-Mail: museum@ad.kanazawa-u.ac.jpまでお願いします。