石川師範学校の足跡

金沢大学学生部「昭和二十五年度 学生便覧」から抜粋
一,本校の創立 本校は,明治七年七月,本県管内に於て,小学校教員になろうとする者を養成するために創立。
一,支校の廃置 明治八年七月,大聖寺,輪島の両所に支校を置く,明治九年八月新川郡が本県に合併せられたので,富山の新川師範学校と本校の支校とする。明治十年二月,大聖寺,輪島,富山の三支校を廃止する。
一,校地の変遷 校地は初め,金沢市小立野石引町の石川県英学校校舎の一部を区画して,授業を開始し,明治七年十月金沢市仙石町にある石川県変則中学校跡に移る。明治十年二月,金沢市広坂通りの校舎に移り,明治二十二年十一月従来の校地を第四高等学校に引継ぎ,同町の現在の実験学校中学
一,女子部の分合 明治八年一月,本校舎の一部を画し,初めて女子部を設ける。同年五月,金沢公立松原町,女児小学校内に石川県女子師範学校を設け,女子部を廃止する。同年九月,再び男子師範学校校舎内に移り,明治十五年四月新築校舎に移転,明治十六年十一月,女子師範学校を廃し,男子師
一,附属小学校の創立 明治七年十月,始めて金沢公立仙石町小学校を以て附属小学校とし,本校の生徒に実業授業の練習を為さしめる。其の後本校の移転と共に附属小学校舎もまた移転した。そして大正四年三月,石川郡野村の新校舎に移転する。
明治四十一年四月 本科第二部一学級新設。
大正 四 年 七 月 本校舎は明治四十二年度から起工,大正四年五月,工費総計約二十六万円を要し,七月二日,新築落成式を挙行。
大正十三年 十 月 創立五十周年記念式を挙行。
大正十四年 四 月 本科第一部は修業年限五カ年に改正し,第一部第二部は各一学級を増加する。
大正十五年 四 月 専攻科一学級を設置する。
昭和 二 年 四 月 専攻科は一学級を増加し二学級となる。
昭和 四 年 四 月 石川郡米丸尋常高等小学校(現金沢市米丸小学校)を代用附属小学校に指定。
昭和 六 年 四 月 本科第二部,修業年限を二カ年に改定。
昭和 八 年 三 月 本科第一部第二部とも各学年を一学級に改編する。
昭和 九 年十一月 創立六十周年記念式を挙行する。記念事業として同窓会から水泳プールを建設寄附。
昭和十二年 十 月 修養道場鞍ヶ嶽明倫堂(紀元二千六百年奉祝記念事業)新築落成式を挙行。
昭和十四年 四 月 本科第二部を二学級に改編。
昭和十四年 九 月 傷痍軍人尋常小学校准教員養成講習科一学級新設。
昭和十五年 四 月 本科第一部第一学年を二学級に改編。
昭和十八年 四 月 勅令第百九号により,師範教育令公布され,文部省直轄学校となる。石川師範学校と改称,男子部女子部を設置する。
四 月 清水暁昇石川師範学校長に補さる。
九 月 新制師範学校開校記念式を挙行。
九 月 石川師範学校第一回卒業式挙行。
昭和十九年十一月 創立七十周年記念式挙行。
昭和二十二年五月 傷痍軍人国民学校準訓導石川養成所廃止。
昭和二十四年四月 男女共学制が採用され,左(原文縦書き)の通り合併する。

師範学校本科予科   金沢市弥生町校舎

附属小中学校     同 広坂通り校舎
四 月 青年師範学校を師範学校校舎に合併授業。
五 月 法律第百五十号に依り国立学校設置法施行せられ,新制金沢大学に包括,名称変更。金沢大学石川師範学校 金沢大学石川青年師範学校となる。学校長清水暁昇,金沢大学教育学部長兼金沢大学石川師範学校長,金沢大学石川青年師範学校長に補せられる。

当サイト内で使用されている資料画像及び引用文の無断転載を禁止します。
ご意見・ご感想はE-Mail: museum@ad.kanazawa-u.ac.jpまでお願いします。