第四高等学校
第四高等学校 大正13(1924)年金沢医科大学薬学専門部卒業アルバムから

 明治16年4月中学校令及び高等中学校官制の発布があり,同年11月高等中学校の設置区域が定められ第四区を新潟,富山,石川,福井の4県として金沢に第四高等中学校を設けることとなり,明治20年4月18日第四高等中学校が金沢に設立された。同年8月医学部を設置,同年10月16日開校式を挙行した。明治21年8月石川県専門学校及び石川県甲種医学校を併合し敷地,校舎及び資産を引き継ぎ,明治27年9月高等学校令の公布により第四高等学校と改称した。明治34年4月第四高等学校医学部が金沢医学専門学校として分離独立した。大正12年4月第十臨時教員養成所を付設し,学科を物理,化学の2科と定めた。昭和3年4月同国語漢文科を増設した。昭和6年3月第十臨時教員養成所を廃止した。昭和24年5月金沢大学に包括され,昭和25年3月60有余年の歴史を閉じた。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 石川師範学校
(左)石川師範学校男子部 石川師範同窓会『石川師範同窓会百年記念誌』1988から

(右)石川師範学校女子部 石川県女子師範学校・石川師範学校女子部しらゆき会『会誌 しらゆき』1991から

 明治7年7月石川県の小学校教員養成のため石川県英学校の一部を区画して石川県師範学校が創設され授業を開始した。明治8年1月本校舎の一部に女子部を設けたが,同年5月松原町女児小学校内に石川県女子師範学校が設けられ分離した。同年7月大聖寺,輪島の2カ所に支校を設け,明治9年8月新川県の本県合併により富山の新川師範学校を支校に加えた。明治10年2月3支校を廃止した。
 明治10年2月広坂通りの校舎に移った。
 明治16年11月女子師範学校を廃止男子師範学校に合併し女子部とした。大正2年4月石川郡野村に校舎を新築男子部を移転した。大正3年4月石川県女子師範学校設置により女子部を分離した。昭和18年4月1日石川県師範学校及び石川県女子師範学校を合併し新たに官立の文部省直轄の石川師範学校となり,男子部は弥生町に女子部は広坂通に位置した。昭和24年5月金沢大学に包括され昭和26年3月70有余年の歴史を閉じた。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 石川青年師範学校
石川青年師範学校 『金沢大学創設資料 弍巻』から

 昭和10年4月青年学校令及び同規定が公布され,同じく青年学校教員養成所規定が公布された。昭和12年3月石川県立青年学校教員養成所が設立された。昭和19年4月石川青年師範学校が津幡農学校内に開校した。昭和21年6月金沢市野田町旧騎兵隊跡に移転した。昭和24年5月金沢大学に包括された。昭和26年3月7年間の歴史を閉じた。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 金沢高等師範学校
金沢高等師範学校 『金沢大学創設資料 弍巻』から

 昭和19年3月高等師範学校官制改正公布され金沢高等師範学校が設置されることとなった。金沢市より中村町国民学校の校舎及び敷地の寄付を受けた。同年4月1日倉林源四郎校長及び各職員の任命があった。同年5月8日第1回入学式を挙行した。昭和20年10月校旗制定。同年10月校歌制定。昭和21年9月金沢市野田町180番地に校舎を移転した。昭和22年4月附属中学校が付設された。昭和24年5月金沢大学に包括され,附属高等学校は教育学部付属学校となった。昭和27年3月閉校式を挙行した。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 金沢医科大学,同附属医学専門部
(左)金沢医科大学 大正14(1925)年金沢医科大学薬学専門部卒業アルバムから

(右)金沢医科大学附属病院 大正14(1925)年金沢医科大学薬学専門部卒業アルバムから

 慶応3年卯辰山に加賀藩立の養生所を設け北陸に於ける医学の嚆矢として治療教授を始めた。明治3年藩立の医学館を大手町に設けた。明治5年廃藩置県の改革により廃止されるも翌6年金沢町よりの補助により半公立の形態をとる。 明治9年医学所を設けた。明治12年金沢医学校と改称した。明治17年石川県甲種医学校に昇格した。明治20年中学校令及び高等中学校官制の公布により第四高等中学校医学部となり,明治34年金沢医学専門学校となった。大正12年官立医科大学官制の一部が改正され金沢医科大学となり,附属医学専門部及び附属薬学専門部を置いた。昭和17年3月附属結核研究所を設置した。昭和24年5月金沢大学に包括された。なお金沢医科大学は昭和35年3月まで存続される。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 金沢医科大学附属結核研究所
 昭和16年1月金沢医科大学に結核研究施設を設け,教授岡本肇を主任として結核の化学療法に関する研究を開始した。昭和17年3月官立医科大学官制の一部改正により金沢医科大学附属結核研究所となった。昭和17年4月所長に金沢医科大学長石坂伸吉が兼補され,研究部門を薬理製剤,細菌免疫,化学の3部を設けた。昭和22年8月診療部を付設した。昭和24年5月金沢大学に包括され,金沢大学結核研究所となった。
 金沢医科大学附属薬学専門部
金沢医科大学薬学専門部 昭和13(1938)年金沢医科大学薬学専門部卒業アルバムから

 明治4年7月加賀藩が医学館に理化学教室を設け傍ら製薬を始めた。その後廃藩置県の際一時中止されたが明治7年再興し県立金沢医学館附属製薬所となった。明治9年医学所薬局学科となった。明治12年金沢医学校と改称されその製薬学科となった。明治17年石川県甲種医学校と改称されてその付設として乙種薬学校となった。明治22年第四高等中学校医学部に薬学科が付設された。明治34年金沢医学専門学校薬学科となった。大正12年3月官立医科大学官制の改正により金沢医科大学薬学専門部となった。昭和24年5月金沢医科大学に包括され,昭和26年3月薬学専門部27年の歴史は発展的に薬学部に引き継がれた。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 金沢工業専門学校
金沢工業専門学校 大正13(1924)年金沢高等工業学校卒業アルバムから

 大正5年9月石川県知事より,大正6年度に於て第十一高等工業学校敷地買収費として金6万円の寄付方申請があった。大正7年3月敷地を石川県石川郡崎浦村(現在の金沢市上野本町)に決定,石川県知事に於て金35,470円を以て買収登記。同年4月石川県知事より創設費として72万円を寄付,同年9月名古屋高等工業学校教授青戸信賢,金沢高等工業学校創立事務を嘱託された。同年10月建設工事に着手,大正9年11月金沢高等工業学校官制が公布された。大正10年4月第1回入学宣誓式を挙行,学科を土木工学科,機械工学科,応用化学科の3科とした。昭和14年5月化学機械科,電気工学科の2科を増設,昭和18年3月工業教員養成所を付設,昭和19年4月金沢工業専門学校と改称し第二部(夜間)機械科を新設,昭和20年4月第一部に精密機械科を増設した。早くからあった北陸総合大学設置運動がなかなか効を奏さないので,金沢工専を工業大学に昇格させようという動きが昭和14,15年頃からあった。学制改革機運の盛りあがりを迎えて昭和22年4月3日に有志が会合し次いで昇格期成同盟会を結成,政,財界の協力を得て活発な運動を開始したが,北陸総合大学の実現の見通しが濃くなったのでその方に合流した。昭和24年5月金沢大学に包括され,昭和26年4月金沢工業専門学校31年の歴史を閉じた。(『金沢大学十年史』,1960) ⇒年表

 創設期の各学部
創設期の大学本部  旧第九師団司令部庁舎
理学部化学科4回生 中島 担氏提供 理学部化学科同窓会蔵

 明治31年金沢に設置された第九師団の司令部庁舎。昭和24年からは金沢大学本部。昭和43年に石川県が購入,同年金沢城内から現在地(金沢市石引)に移築,修復。その際,建物の両翼を切り縮めた。昭和49年から現在まで石川県健民公社として使用。

(左)創設期の法文学部  旧歩兵七聯隊兵舎
文法経事務部蔵

(右)創設期の教育学部  石川師範学校男子部
『金沢大学創設資料 弍巻』から

(左)創設期の理学部  旧第四高等学校校舎
理学部化学科四回生中島担氏提供 理学部化学科同窓会蔵

(右)創設期の医学部・薬学部
昭和34(1959)年薬学部卒業アルバムから

(左)創設期の工学部
昭和42(1967)年工学部卒業アルバムから

(右)創設期の教養部 旧歩兵七聯隊兵舎
昭和35(1960)年薬学部卒業アルバムから


当サイト内で使用されている資料画像及び引用文の無断転載を禁止します。
ご意見・ご感想はE-Mail: museum@ad.kanazawa-u.ac.jpまでお願いします。